(What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス

Morning_glory_2今回ご紹介する名盤は1995年にリリースされたオアシスの「 (What's the Story) Morning Glory?)」であります。

本作はイギリスで、クイーンの「グレイテスト・ヒッツ」、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に次ぐ歴代3位となる440万枚以上、全世界では2300万枚以上を売り上げ、オアシスを一気にスターダムにに仕上げた、とてつもないアルバムであります。また、2010年2月に行われたブリットアワードで、「過去30年間のベストアルバム」に選出されるなど、イギリスでは非常に評価されているアルバムであります。ただ「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」では、378位にランクインとあまり高い評価ではありませんが、まぁ偏りのあるランキングなのでこういう評価になるのかもしれません。

オアシスがザ・ビートルズを敬愛しているというのはとても有名な話でこのアルバムもところどころでザ・ビートルズの匂いを感じることができます。世界中でヒットした3rdシングルでオアシスを代表する曲であるトラックナンバー3の「Wonderwall」はジョージ・ハリスンの同名サントラからタイトルが付けられており、また、これもオアシスの代表曲といってもいいトラックナンバー4の「Don't Look Back in Anger」のイントロはジョン・レノンの「Imagine」から引用されています。そしてトラックナンバー10「She's Electric」のアウトロではザ・ビートルズの「With a Little Help from My Friends」を引用しており、ザ・ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を聴いたことがある人はきっとすぐにピンとくると思います。

アルバムの全体的な印象としては、オアシスが持っている筋の通ったストレートなサウンドで構成されている感があります。その中においてもトラックナンバー3の「Wonderwall」、トラックナンバー9の「Cast No Shadow」のアコースティック色の強い曲がちりばめられ、メリハリやバランスが見事に取れています。「Don't Look Back in Anger」では初めてノエル・ギャラガーがヴォーカルを担当しましたが、リアム・ギャラガーとどちらがヴォーカルを担当するかで、兄妹喧嘩が勃発したようです。結局のところリアムが折れて決着したとのことですが、ノエルにとってはそれほどお気に入りの1曲だったことが伺えます。「Don't Look Back in Anger」は数多くのアーティストによってカバーされている名曲です。日本でもイエロー・モンキーの吉井和哉などがライブでカバーしているようです。

元々オアシスはサウンドが確立されているバンドであり、コンセプトのようなものがなくてもトータルにアルバム仕上がるように思われます。その中においても本作「 (What's the Story) Morning Glory?)」は間違いなくオアシスを代表するアルバムであり、イギリスの音楽史においても重要なアルバムである事は間違いありません。歪ませたギターの音でオープン・コードをガンガン鳴らしながらもどこかメロディアスで、またザ・ビートルズの影響と思われるロック・サウンドにストリングス重ねる手法は見事です。

当初オアシスはザ・ビートルズの再来と言われながらも、結局のところ、オリジナル・アルバムはザ・ビートルズより少ない7作のみで事実上の解散してしまいました。この事実は非常に残念でなりません。

ポチッとよろしく!

OTIS BLUE(オーティス・ブルー) | オーティス・レディング

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

OTIS BLUEジャケット今回ご紹介する名盤は1965年にリリースされたオーティス・レディングの「OTIS BLUE」です。

オーティス・レディングといえばソウル・ミュージックの超大御所でありまして、日本では忌野清志郎も影響を受けた1人です。そのオーティス・レディングの最高傑作といわれているのが本作「OTIS BLUE」なのであります。しかもなんとこのアルバム、オリジナルの曲が全11曲中3曲しかなく残りの作品はすべてカヴァーということになります。それで名盤と呼ばれる作品を作り上げるのですから、シンガーとしてのオーティス・レディングの力量が並々ならないことが窺えます。

しかもこのアルバムどうもツアーの合間を縫ってほぼ1日のセッションで作り上げられているそうです。参加ミュージシャンも実に豪華で、有名どころではギターにスティーヴ・クロッパー、キーボードにブッカー・T・ジョーンズとアイザック・ヘイズ、ベースにはドナルド・ダック・ダン、ドラムスにはアル・ジャクソン・ジュニアらが参加、その他にもホーン・セクションはメンフィス・ホーンズというグループでトランペットにウェイン・ジャクソンとジーン・ミラー、テナー・サックスにアンドリュー・ラヴ、バリトン・サックスにフロイド・ニューマンという面々が名を連ねています。

1曲目の「OLE MAN TROUBLE」はオーティス・レディングの手によるオリジナル・ソングで、ソウル・バラードに傑作に数えられる名曲です。2曲目の「RESPECT」もオリジナル・ソングでR&Bチャートに16週間ランクされた、オーティス・レディングとって最大のロング・セラーです。1967年にリリースされたアレサ・フランクリンの「I NEVER LOVED A MAN(THE WAY I LOVE YOU)(貴方だけを愛して)」でカヴァーされています。アレンジのコンセプトがかなり違うので聴き比べてみるのもよいかもしれません。3曲目はサム・クックのカヴァーで「CHANGE GONNA COME」という楽曲になります。このアルバムでは1964年12月に死去したサム・クックへのトリビュートとしてサム・クックの楽曲を3曲カヴァーしています。5曲目の「I'VE BEEN LOVING YOU TOO LONG(愛しすぎて)」はオーティス・レディングとジェリー・バトラーとの共作によるソウル・バラードです。ザ・ローリング・ストーンズがライヴ・アルバム「GOT LIVE IF YOU WANT IT!」でカヴァーしています。

多分アナログ盤B面の1曲目ではないかと思われる6曲目の「SHAKE」もサム・クックのカヴァーで軽快なソウル・ナンバーです。7曲目の「MY GIRL」は日本でもおなじみの楽曲でご存知ザ・テンプテイションズのカヴァーになります。8曲目の「WONDERFUL WORLD」もサム・クックのカヴァーでアレンジはかなり原曲に忠実なのですが、オーティス・レディングのカラーが前面に押し出されているのがさすがといったところです。9曲目はなんとB.B.キングのカヴァー曲でブルース色の強い「ROCK ME BABY」であります。10曲目も驚きの「SATISFACTION」で当ブログでも紹介したザ・ローリング・ストーンズのカヴァーです。これだけ有名な楽曲までカヴァーし自身のものとして消化してしまうあたりがオーティス・レディングのすごいところであります。11曲目の「YOU DON'T MISS YOUR WATER(恋を大切に)」は忌野清志郎もかの名曲スローバラードのヒントにしたのではないと思えるほどの素晴らしいバラードに仕上がっています。

オーティス・レディングは1967年12月10日に自家用飛行機による事故でこの世を去ってしまいます。26歳という若さでソウル・ミュージックに多大な影響を与えたシンガーが亡くなってしまったことは非常に残念です。盟友のジェームス・ブラウンは73歳まで生きていたのでその活躍を目にすることができたのですが、オーティス・レディングは私の中では歴史上の人物なのであります。

Amazonで「OTIS BLUE」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ