AQUALUNG(アクアラング) | ジェスロ・タル

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

AQUALUNGジャケット今回ご紹介する名盤は1971年にリリースされたジェスロ・タルの「AQUALUNG」です。

まったくといっていいほど日本では無名のジェスロ・タルでございますが、彼らはイギリス出身のプログレッシヴ・ロックにカテゴライズされているバンドで、1968年にアルバム「THIS WAS(日曜日の印象)」のデビューし、いきなりの全英10位にチャートイン、そしてその年の「メロディ・メーカー」誌の人気投票で、ビートルズに次ぐ第2位を獲得してしまうほど本国イギリスでは著名なバンドなのであります。そのバンドの最高傑作といわれる作品が本作「AQUALUNG」であります。

ジェスロ・タルの4作目にあたる本作でありますが、一般的にプログレッシヴ・ロックにカテゴライズされていながらも、ヘヴィ・メタル的なアプローチや時にブルースの匂いやジャズの香りを感じさせ、またアコースティックを前面に押し出したブリティッシュなフォーク・サウンドもちりばめられていたりと、様々な土台を持つ聴き応えのあるかっこいい作品なのであります。また、イアン・アンダーソンが奏でるフルートが実に攻撃的で、このフルートの音色もジェスロ・タルのサウンドには欠かせないものとなっております。

重厚感のあるリフからスタートする1曲目で表題曲の「AQUALUNG」はこのアルバムはおろかジェスロ・タルを代表する名曲です。リフからピアノをバックにしたスローな雰囲気に展開、テンポ・アップを経てギター・ソロとつながり、アコースティック・ギターをバックに再びスロー・テンポになったかと思えば最後はスタート部分のリフに戻りこの楽曲は締めくくられます。2曲目の「CROSS-EYED MARY」はいきなりのフルート・サウンドが印象的な、イントロから否が応でも緊張感を高めてくれるロック・ナンバーです。。3曲目の「CHEAP DAY RETURN(失意の日は繰り返す)」はアコースティック・ナンバーで、ブリティッシュ・フォーク的に仕上げられています。4曲目の「MOTHER GOOSE」もアコースティックなナンバーですがこちらはより牧歌的な雰囲気に繰り上げられています。5曲目の「WOND'RING ALOUD(驚嘆)」もアコースティックなナンバーでこのあたりにコンセプティブなものを感じます。6曲目の「UP TO ME」もアコースティックなナンバーですが、よりリズミカルな楽曲です。

7曲目の「MY GOD」はこのアルバムの中ではもっとも長い作品で7分越えの楽曲です。アコースティック・ギターによるイントロからスローな雰囲気で楽曲はスタートします。途中からエレキ・ギターやドラムスが加わり重厚感が増していきます。非常に攻撃的なフルートによるソロも聴きものです。8曲目「HYMN 43(賛美歌43番)」はストレートなロック・ナンバーですがやはりフルートの音色にジェスロ・タルを感じさせます。9曲目「SLIPSTREAM(後流)」は非常に短いアコースティックなナンバーです。10曲目の「LOCOMOTIVE BREATH(蒸気機関車の喘ぎ)」はジャジーなピアノによるイントロから始まりますが、歌が入るとともに重厚なロック・サウンドへと変化します。11曲目の「WIND UP」はバラードからロック・サウンドへと展開しますが、エンディングはバラードへと戻りこのアルバムは締めくくられます。

ジェスロ・タルは日本ではあまり聞きなれないバンドであり、プログレッシヴ・ロックにカテゴライズされていますが、様々な音楽がベースにあり、どのカテゴリーにも当てはまらない世界感があります。それでいてアルバム全体のサウンドに安定感があり、どこか安心して聴けてしまうのも特徴です。ロックはブリティッシュという方には一度耳にしていただきたい作品です。

Amazonで「AQUALUNG」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

UNKNOWN PLEASURES(アンノウン・プレジャーズ) | ジョイ・ディヴィジョン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

UNKNOWN PLEASURESジャケット今回ご紹介する名盤は1979年にリリースされたジョイ・ディヴィジョンの「UNKNOWN PLEASURES」です。

日本ではあまり馴染みのないバンドかもしれないジョイ・ディヴィジョンではありますが、ニュー・オーダーの前進のバンドであったいえば、なんとなく理解していただけるのではないかと思います。活動期間が短く、アルバムも2枚しかリリースしていません。これはヴォーカリストであるイアン・カーティスの自殺によるもので、残りのメンバーは「メンバーが一人でも欠けたらジョイ・ディヴィジョンの名前でバンド活動は行わない」という約束に基づきニュー・オーダーの名前で活動を継続します。アルバムも評論家からの評価は高かったものの商業的には成功を収めたといえるものではありませんでした。

いわゆるポスト・パンクにカテゴライズされるジョイ・ディヴィジョンでありますが、セックス・ピストルズに衝撃を受けたギター、キーボード担当のバーナード・アルブレヒトとベース担当のピーター・フックを中心に結成されたバンドであったため、結成当初はパンク・ロックの影響が色濃く、演奏はかなり荒削りであったらしいのですが、プロデューサーのマーティン・ハネットにより緊張感と陰鬱さを併せ持つポスト・パンクのサウンドを構築、現在ではポスト・パンクを代表する名盤として語り継がれています。

1曲目の「DISORDER」は軽快なドラム・ワークとベースのリフにコード感のないギターの絡みから構成されたナンバーです。2曲目の「DAY OF THE LORDS」は筆者のツボともいえる雰囲気の楽曲で、イギリスのロック特有の暗さというか肌寒さというか、そんなもの感じさせてくれます。イアン・カーティスのヘタウマなヴォーカルも彼の持つカリスマ性を存分に放っています。3曲目の「CANDIDATE」もベースがリフの役割を演じ、ギターは曲全体の緊張感を醸し出すためか、全くコード感のない演奏になっています。4曲目の「INSIGHT」もこのアルバムが持つ陰鬱さが感じられます。基本的にベースが前面に出るというジョイ・ディヴィジョンが踏襲されています。5曲目の「NEW DAWN FADES」は珍しくギターが前に出た作りの楽曲となっています。

6曲目の「SHE'S LOST CONTROL」はハイ・トーンのベースのリフが前に出たナンバーなのですが、珍しく途中からコード・ワークのギターが絡んできます。このコード進行が意表を突いていて実にかっこいいナンバーに仕上がっています。7曲目「SHADOWPLAY」はこちらも珍しくギターが前面に出たナンバーで、なかなかかっこいいロック・サウンドに仕上がっています。8曲目「WILDERNESS」は1つのパターンを延々と奏でるシンプルなロックです。9曲目は「INTERZONE」はなかなかパンキッシュなナンバーで、ジョイ・ディヴィジョンの原点を感じさせてくれます。6曲目以降ギターが割と前に出てくるのですがLPリリース時のコンセプトなのでしょうか。10曲目の「I REMEMBER NOTHING」はスローでありながらスケールの大きさを感じさせてくれるナンバーです。

全体的に楽曲そのものに起伏がなくハーモニーといった音楽的要素が希薄な作品であるため、ポップスなどを好んで聴いているリスナーの方には、入りづらいアルバムではありますが、その独特の世界観が故、一度はまってしまうと抜け出せなくなるような、そんな緊張感とイアン・カーティスのカリスマ性が感じられます。

Amazonで「UNKNOWN PLEASURES」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

ARE YOU EXPERIENCED(アー・ユー・エクスペリエンスト?) | ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

ARE YOU EXPERIENCEDジャケット今回ご紹介する名盤は1967年にリリースされたザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの「ARE YOU EXPERIENCED」です。

「ARE YOU EXPERIENCED?(君は体験したかい)」といろいろな人に聞いて回りたくなるくらい、このアルバムはとにかくかっこいいのであります。もし私がリアル・タイマーであったなら、きっと本当に聞いて回ったに違いありません。私が所有しているCDはオリジナル盤では含まれていない既発のシングル「HEY JOE」「PURPLE HAZE(紫のけむり)」「THE WIND CRIES MARY(風の中のメアリー)」が収録されたアメリカ・カナダ盤なのでありますが、なぜかアルバム・ジャケットはオリジナル盤のものとなっており、既発シングル収録のあおりを受けて「RED HOUSE」「CAN YOU SEE ME」「REMEMBER」が省かれています。現在はオリジナル盤11曲の後にシングル曲AB面6曲が収録されたCDが発売されているようです。

ジミ・ヘンドリックスはアメリカ人でありながら1966年にイギリスに渡り、ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスを結成をします。デビューシングル「HEY JOE/STONE FREE」をリリース、全英4位となりイギリスで成功を収めます。ブルース・ロックをベースにしたサウンド、インプロヴィゼーション能力を含む演奏技術は、一般のリスナーだけでなくプロのミュージシャンへ与えた衝撃は凄まじいものだったようです。今でもジミ・ヘンドリックスに影響を受けたというギタリストは多いのではないのでしょうか。

いきなり1曲目からジミ・ヘンドリックスの代表曲でもある「PURPLE HAZE(紫のけむり)」であります。ジミ・ヘンドリックスの代名詞のようなコードE7#9がいきなり炸裂します。スティーヴ・ルカサーがギターを始めた頃、このコード・ネームがわからず「ジミ・ヘンドリックスのE」と呼んでいたという話です。またCHARは、ルート音とコード構成音を分解して弾くあのギター・スタイルに「最初聴いた時はこの人ギター下手なんじゃないかと思った」とテレビでコメントしていました。ジミ・ヘンドリックスのギター・プレイが、いかに斬新だったがこの話から窺えます。

ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスは1967年6月に開催されたモンタレー・ポップ・フェスティバルに出演、演奏とパフォーマンスでオーディエンスを圧倒し、母国アメリカでもスターダムにのし上がるのであります。そしていよいよその年の8月にはアメリカでもアルバムをリリース、すでにイギリスで発売されたシングル曲3曲を含むアメリカ・カナダ盤は、オリジナル盤にも収録されているジミ・ヘンドリックスの代表曲「FIRE」「FOXY LADY」となども収録されていて、デビュー作にしてもうほとんどベスト・アルバムという名盤に仕上っております。

27歳の若さでこの世を去ってしまったジミ・ヘンドリックスですが、このブログで取り上げているだけでも同じく27歳で亡くなっているジャニス・ジョプリン、ジム・モリソン、カート・コバーンなど才能あるミュージシャンが若くしてこの世を去るというのは大変に残念なことで、死因はそれぞれですがこの悲劇が繰り返されないことを切に願います。

Amazonで「ARE YOU EXPERIENCED」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

BLUE(ブルー) | ジョニ・ミッチェル

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

BLUEジャケット今回ご紹介する名盤は1971年にリリースされたジョニ・ミッチェルの「BLUE」です。

常に恋多き女として形容されてきたジョニ・ミッチェルでありますが、その彼女の4作目である本作「BLUE」はアコースティック時代の最高傑作として語られることが多い作品であります。グラハム・ナッシュ、レナード・コーエン、ジェイムス・テイラー、ジャコ・パストリアスなどと浮名を流し、リリースされるアルバムの背景にはその時々交際していた相手の存在があります。このアルバムではジェイムス・テイラーがギターで3曲ほど参加しているので二人は交際中であったのではないかと思われます。日本では恋多き女などと呼ばれるのはあまりいいイメージではありませんが、ジョニ・ミッチェルの場合、常に男性を必要としているそのような感情を音楽の中で素直にさらけ出しているのです。

アルバム・タイトルである「BLUE」、そして青を基調としたジャケット・ワーク、なんか暗い印象を持ってしまいがちですが、ほぼ弾き語りに近い最低限のアレンジながら洗練されたサウンドに仕上がっているのです。ジョニ・ミッチェルは、1974年にリリースされた6作目の「COURT AND SPARK」あたりからジャズに傾倒していき、サウンドも次第にエレクトロニックなものに変貌していきますが、その片鱗はもうこの「BLUE」でも垣間見ることができます。フォークにカテゴライズされることの多い本作ではありますが、ボサ・ノヴァの要素が取り入れられていたり、かなり複雑なメロディー・ラインでありながらとてもお洒落な雰囲気を持っていたりとその後ジャズに傾倒していく必然性をこのアルバムは感じさせてくれます。

1曲目はニック・デカロのカヴァーでも有名な「ALL I WANT」でありますが、いきなりボサ・ノヴァの雰囲気を持つお洒落なナンバーなのですが、歌詞を見てみると今で言うところの肉食系女子丸出しといった感があり、そのギャップというかこの自由奔放な歌詞もジョニ・ミッチェルの魅力なのであります。2曲目の「MY OLD MAN」では一転してピアノの弾き語りとなりますが、またこの曲も結婚しなくても二人は強く結ばれているから本物なのよと自由奔放さをさらけ出しています。5曲目の表題曲でもある「BLUE」では一転しんみりとしたナンバーではありますが、そのメロディーは美しく夜一人で聴いていると心落ち着かせてくれます。

アルバム全体を通しての印象はとにかく美しいです。私の持ちあわせている語彙の不足によるものなのか、美しいという形容詞しか浮かんできません。メロディー、ハーモニー、歌声、サウンドなどこのアルバムが持つ併せもつすべての要素が美しいのです。その美しい要素の乗せる自由奔放な歌詞はわかり易さも手伝ってかジョニ・ミッチェルの感情が英語がわからない私にもストレートに伝わってくるようであります。実際には付属の対訳を読んでいるからなのですが…。

1968年にデビューしたジョニ・ミッチェルではありますが、なんと2007年にもオリジナルアルバムを発表し、アメリカのチャートでは14位にランキングされています。そのジョニ・ミッチェルですが、近年はモルジェロンズ病という難病を患い、闘病中とのことです。なんとか回復していただきたいと切に願います。

Amazonで「BLUE」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

PEARL(パール) | ジャニス・ジョプリン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

PEARLジャケット今回ご紹介する名盤は1971年にリリースされたジャニス・ジョプリンの「PEARL」です。

実はジャニス・ジョプリンは本作の制作途中の1970年にドラッグの過剰摂取により亡くなってしまいます。1971年に遺作として本作はリリースされました。偉大なシンガーの遺作ということはそれだけも過大評価されてしまうことが多々ありますが、このアルバムに限っていえばその評価にはまったく文句のつけようがなく、未完の名作と呼ばれるにふさわしい仕上がりになっています。1曲目の「MOVE OVER(ジャニスの祈り)」あたりはジャニス・ジョプリンを知らない人でも聴き覚えのある曲なのではないでしょうか。

彼女の叫びにも似たソウルフルな歌声は、聴く者を圧倒するものでありながらどこか悲哀を感じてしまいます。自分の魂の叫びを誰かに届けたい、そしてそれを理解してもらいたいと彼女が常日頃感じていた孤独と闘っていたのかもしれません。高校時代から孤立しがちであった彼女は、唯一と呼べる友人にレコードを聴かされたのを機にブルースやフォーク・ミュージックにはまっていき、その後進学した大学を中退してシンガーを目指したのでした。その頃からドラッグやアルコールに依存することとなっていくのです。常に孤独感に苛まれていた彼女にとって、ドラッグやアルコールへの依存は必然であったのかもしれません。

さて、本作「PEARL」でありますが制作途中で亡くなってしまったしまったこともあり、5曲目の「BURIED ALIVE IN THE BLUES(生きながらブルースに葬られ)」はジャニス・ジョプリンのヴォーカルは収録されず演奏のみ、8曲目の「MERCEDES BENZ(ベンツが欲しい)」は彼女の靴音だけがバックの仮録音のものが収録されています。「BURIED ALIVE IN THE BLUES(生きながらブルースに葬られ)」については、ジャニス・ジョプリンの歌が聴きたかったと思うのは私だけでしょうか。それとも演奏のみで収録されているところにこのアルバムの持つエピソードが強調されて、作品の魅力が引き立てられているのでしょうか。このあたりは意見の分かれるところではありますが、個人的には彼女の歌声とともにどのようなメロディー・ラインでどんな歌詞がつけられようとしていたのか非常に気になるところであります。

個人的な意見にはなりますが、ジャニス・ジョプリンはまさに最高の女性ロック・シンガーです。時代や彼女の感じていた孤独感などが背景にあったのかもしれませんが、27歳の若さにしてこの才能を失ってしまったことは残念でなりません。ちなみにタイトルの「PEARL」はジャニス・ジョプリンのニック・ネームから名づけたものらしいです。

Amazonで「PEARL」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂) | ジョン・レノン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)ジャケット今回ご紹介する名盤は1970年にリリースされた、ジョン・レノンの「JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)」です。

このアルバムはザ・ビートルズ解散後初めてリリースされたジョン・レノンのソロ・アルバムであります。この解散後初というのがこのアルバムを語るうえで非常に重要なファクターになってきます。一部政治的な内容の歌詞を持つ楽曲もありますが、大半がジョン・レノン本人のパーソナルな部分をさらけ出した内容となっております。「ジョンの魂」と名付けられたこの邦題も、珍しく的確なものであると思われます。

ザ・ビートルズは、メンバー間の不仲やアルバム「LET IT BE」に収録された「THE LONG AND WINDING ROAD」でプロデューサーのフィル・スペクターがポール・マッカートニーに断りなくオーヴァー・ダビングでオーケストラのパートを重ねてしまったことなど、様々な要因により解散してしまいました。その後、リリースされた本作に収録されている「GOD(神)」は「夢(多分ザ・ビートルズ)は終わった。これからは信じるのは自分だけ。もう僕はウォルラスではなく、ジョン・レノンなんだ。」とジョン・レノンの当時の心境が痛いほど伝わってくる作品となっています。

ジョン・レノンはザ・ビートルズでは半分近くの楽曲を手がけてので、この作品ももちろんザ・ビートルズ・ライクになっているのだろうと思うところですが、あまりザ・ビートルズの香りがしてきません。そこにあるのはジョン・レノン個人の世界であり、ザ・ビートルズの時代には感じさせなかった、ジョン・レノンの個人的心情や魂やらそういった中から湧き上がってくる叫びなどです。ポール・マッカートニーはライヴでザ・ビートルズ、ウィングス、ソロのナンバーを混在させて演奏していますが、もしジョン・レノンがソロのライヴで「IN MY LIFE」とか「NOWEARE MAN(ひとりぼっちのあいつ)」やらを演奏したら浮いてしまうんだろうなと、この作品は感じさせてくれます。(「COME TOGETHER」はソロのライヴで演奏していましたが…)

また、このアルバムを語るうえで欠かせないのが、レコーディング前に受けた「原初療法」という精神治療であります。この「原初療法」とははっきりいって私もよくわかりません。なんでも過去の記憶に遡ってすべてを吐き出すという、なんだか催眠療法に近いようなと勝手に想像してしまうのですが、その影響が「MOTHER(母)」「I FOUND OUT(悟り)」「GOD(神)」「MY MUMMY'S DEAD(母の死)」などに表れています。

この作品は聴きなじみのある曲が少なく、しかもどちらかというと悲壮感すら漂うスロー・テンポな楽曲が多くなんとも痛々しい感がありますが、人間ジョン・レノンを感じさせてくれる傑作であることは間違いありません。

Amazonで「JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

BLOW BY BLOW(ブロウ・バイ・ブロウ) | ジェフ・ベック

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

BLOW BY BLOWジャケット今回ご紹介する名盤は1975年にリリースされたジェフ・ベックの「BLOW BY BLOW」です。

ジェフ・ベックといえば世界3大ギタリストの一人に数えられますが、その中にあっても根っからのギター小僧がこのジェフ・ベックではないかと思っております。自宅においても自動車かギターのどちらかを弄んでいるらしいです。

プロデューサーはザ・ビートルズでおなじみのジョージ・マーティン。本作はいわゆるインストゥルメンタル・アルバムで、よくロック・インストゥルメンタルなどにカテゴライズされることが多いですが、私の印象としてはジャズ的なテイストもふんだんに取り入れらており、また、フェンダー・ローズも効果的で全体的にロックとジャズをクロス・オーバーさせたアダルトな雰囲気に仕上がっているように感じます。

代表曲としてはロックテイストの強い「Scatterbrain」、スティーヴィー・ワンダーが書き下ろした哀愁漂う「Cause We've Ended As Lovers(哀しみの恋人達)」があります。この「Cause We've Ended As Lovers(哀しみの恋人たち)」ですが、かつてスティーヴィー・ワンダーはジェフ・ベックのために「Superstition(迷信)」という曲(スティーヴィー・ワンダーの代表曲の1つですね)を書き下ろしたのですが、大人の事情でスティーヴィー・ワンダーもリリースしてしまい、そのお詫びとして提供してもらったそうです。大人のバラードといった感のある名曲です。

このアルバム、これまた3大ギタリストのジミー・ペイジに「ギタリストのためのギター・アルバム」と評されたほどのアルバムで、ギター小僧必聴の一枚ではないでしょうか。

Amazonで「BLOW BY BLOW」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

SETTING SONS(セッティング・サンズ) | ザ・ジャム

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

SETTING SONS ジャケット今回ご紹介する名盤は日本ではほぼ無名ともいえるTHE JAMの4作目「SETTING SONS」です。

このTHE JAMというバンドは、イギリスではそれはそれは有名なバンドでこのアルバムなんぞは1979年に発売されたのですが、イギリスの音楽誌では、主要部門の一位を独占、解散までベスト・バンドの座を譲らなかったとWikipediaにも書いてあります。

チャートでみると全英4位、全米137位ということでアメリカでの人気がまったくなかったようです。当時読んだ雑誌のインタビューでは、「アメリカでのヒットを狙うくらいならやらない」と言っていたほどアメリカでのヒットを意識しないというか、アメリカを毛嫌いしていたようです。アメリカでヒットしないと日本に入ってこないんですね。

一応、パンクバンドという分類をされているようですが、社会批判をするわけでもなく、歌詞も政治的ではないし、ライブも観に行きましたがパフォーマンスも過激でありません。アルバムの印象も明るめでストレートなスリー・ピース・サウンドという感じです。その中にあってヘビーな印象を感じさせる3曲目の「Private Hell」は、アルバム全体から雰囲気からすると多少異色でかっこよすぎのロック・チューンでありますが、アルバムのまとまりを損ねていないのがさすがといったところです。

この作品は10曲入りで収録時間が33分程度と割高感はありますが、10代のころによく聴いたアルバムの1枚であります。

Amazonで「SETTING SONS」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ