氷の世界 | 井上陽水

氷の世界ジャケット今回ご紹介する名盤は1973年にリリースされた井上陽水の「氷の世界」です。

この「氷の世界」は当時としては珍しく、ロンドンでレコーディングされたアルバムであり、また、日本レコード史上初めてLP(アルバム)としてミリオン・セールスを記録した作品であります。当時の日本ではレコードといえばEP(シングル)が主流で、アルバムが評価されるという風潮はあまりありませんでした。CDが発売された1982年までにアルバムで100万枚以上の販売を記録したのはたったの4作品しかありませんでした(ちなみにそのうちの一つにこのブログでもレビューしているYMOのソリッド・ステイト・サヴァイヴァーであります)。また、参加ミュージシャンも非常に豪華で高中正義、細野晴臣、深町純、松岡直也、林立夫、村上“ポンタ”秀一らが参加しており、アレンジでは当時の井上陽水の作品のほとんどの作品の編曲を手がけていた星勝をメインにスローリング・ストーンズの「悲しみのアンジー」のストリングス・アレンジを手がけたニック・ハリソンもアレンジャーとして参加しています。また、ソング・ライティングにおいても小椋佳が歌詞を提供していたり、忌野清志郎との共作したナンバーも2曲収録されています。

名盤というのは、得てしてそういうものなのですが、このアルバムも例外ではなくリスナーに息をつく暇を与えてくれません。また、1曲目のインパクトが強いという点も名盤と呼ばれる作品に共通している要素かと思うのですが、この「氷の世界」の1曲目である「あかずの踏切り」においても、井上陽水=フォーク・ソングという概念を見事に覆すほどの衝撃があります。もはや歌詞もメロディーも完全にロックと呼べるものであります。歌詞においては世の中の不条理を開くことのない踏切になぞらえた感があり、それを星勝が見事なまでにロック的なリフにより攻撃的なサウンドに仕上げています。元々、ザ・モップスへの提供曲ということもあり、星勝もきっと自分の音楽観を思いっきりぶつけたのかもしれません。

「氷の世界」はさすが100万枚以上のセールスを記録しただけあって、名曲だらけであります。レコードでいうところのA面3曲目である「帰れない二人」は忌野清志郎との共作で、忌野清志郎が持っているガラスのような繊細さがにじみ出ています。また、B面1曲目の「心もよう」はこのアルバムからの先行シングルで、その前にシングルで発売されヒットした「夢の中へ」で築いた地位を確固たるものにした作品です。そのシングル「心もよう」のB面に収録されたのが先ほど紹介した「帰れない二人」であり、井上陽水本人は、「帰れない二人」をA面にしたかったようです。時代的には「心もよう」をA面に持ってきたのは、正解であったかもしれません。

そして何といっても井上陽水の代表作である、A面5曲目の「氷の世界」を語らないわけにはいきません。アルバムの表題曲になっているのですが、シングル・カットしなかったのは大正解です。この時代に「氷の世界」という曲で勝負するのには難解すぎます。解釈が色々されているようですが、作詞した本人はそんなにメッセージをこの歌詞に込めていたわけではないようです。この辺りが井上陽水の魅力ですね。若者の破壊願望を表現したという解釈に対しては、みんなこんなこと考えていたら逆に怖いと本人は感じていたようです。単なる反抗期的な歌詞だとインタビューで答えていましたが、こんな歌詞を書けるのは井上陽水だけではないのでしょうか。

井上陽水を語るときに欠かせないのがその声だと筆者は思っています。表現が正しいかわかりませんが、井上陽水の声は何か脳に引っ掛かるんですよね。そして独特な世界観を持っている日本人が誇っていいミュージシャンの一人だと思います。

Amazonで「氷の世界」を見てみる。

ポチッとよろしく!

LIFE(ライフ) | 小沢健二

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

LIFEジャケット今回ご紹介する名盤は1994年にリリースされた小沢健二の「LIFE」です。

内容的にはとにかく底抜けにポップで明るい楽曲にソウル・ミュージックやファンク・ミュージックのエッセンスを加えて再構築したようなサウンドに仕上がっています。ファースト・アルバムのイメージで聴くと拍子抜けするくらいのポップなラヴ・ソングが満載です。本作はアレンジに東京スカパラダイスオーケストラのメンバーが参加しておりまして、ホーン・セクションが前面に押し出された楽曲が目立つのも特徴です。また、時間的に長い楽曲が多いのですが、聴いていて長さが感じられないのがクオリティの高さの証明でもあるように思われます。

小沢健二といえば、元ネタの存在がなにかと取り立たされていますが、アルバム・ジャケットの「LIFE」というロゴもスライ&ザ・ファミリー・ストーンのサード・アルバムの「LIFE」のロゴをそのまま借用しているところから、かなり意図的に引用していてパクリというよりかはサンプリングに近い手法として本人は捉えているのではないかと筆者は推測するところであります。「ただこれってOK?」と思うような露骨な引用が所々に見受けられますのが、レコード会社の人たちが元ネタの楽曲を全く知らないとは思えないので、問題なしという判断なのでしょう。

本作は小沢健二のブレイクのきっかけになったアルバムであり、特に小沢健二featuringスチャダラパー名義である6曲目の「今夜はブギー・バック(nice vocal)」は50万枚を売り上げ、小沢健二の名前を一躍有名にしました。筆者は恥ずかしながらこの楽曲はスチャダラパー単独の楽曲だと思っておりました。その他にも最近倖田來未がカヴァーした「ラブリー」、また「ラブリー」と同路線ながらこちらはストリングスが前面に出ている「ドアをノックするのは誰だ?」など、ポール・サイモンを引用したと思われる「ぼくらが旅に出る理由」など名曲揃い粒揃いなライン・アップとなっております。

今までもこれってパクリじゃないのと思われる楽曲は、世の中に存在していましたが、ここまで臆することなくさらりと他の曲から引用してくるミュージシャンには初めて出会いました。元ネタと聴き比べるという楽しみ方もありな1枚かもしれません。

Amazonで「LIFE」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

あぶらだこ | あぶらだこ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

あぶらだこジャケット今回ご紹介する名盤は1985年にリリースされたあぶらだこの「あぶらだこ」です。

あぶらだこというのはちょっと風変わりなバンドでありまして、インディーズ時代も含めてすべてのアルバムのタイトルが「あぶらだこ」なのであります。今回ご紹介する「あぶらだこ」はメジャー・デビュー盤であり、ジャケット写真に木がそびえ立っていることから通称木盤と呼ばれているものであります。インディーズ時代に2枚アルバムをリリースしているのですが、その後当時のドラマーであった丸井義則が脱退してしまい、このアルバムではドラマーがメジャー・デビュー・アルバムであるにもかかわらずサポート参加ということで本作のみドラムスは吉田達也が担当しています。

あぶらだこというとハードコア・パンクのバンドというイメージが強いのですが、判で押したような楽曲が並ぶことが多いパンク・バンドとは趣が異なり、リズムがめまぐるしく変化する楽曲やパンクの世界では珍しく動きの激しいベース・ラインなどハードコア・パンクという括りだけでは語れないバンドであります。ヴォーカルは非常に個性豊かな独特の声質でほとんどメロディーを持たずどちらかというとシャウトに近い歌い方です。またその歌詞が聞き取りづらく歌詞カードを見てもとても難解なので「これは聞き取れるはずはないや」となかばリスナーを諦めの境地に陥れるものであります。

1985年といえばアナログ盤からCDへの移行期でありましたが、私の記憶によるとまだアナログのほうが押していたかなという時代であり、収録時間が短い作品も多々見受けられ、このアルバムにおいても収録時間は30分を切るものであります。それでも本作はファンの間でも評価が高く、あぶらだこの代表作として今なおこのアルバムは語られています。本格的にCD時代へと突入してからは、もう本当に収録できるだけ収録するというアルバムがあったりしますが、あまり長い作品はかえってまとまりを感じず飽きがきてしまうこともあるので、個人的な意見ですがやはりアナログ時代のように45分以内くらいにまとめられていると聴きやすいというものです。

作品の内容ですが、1曲目「FARCE」は和太鼓のようなリズムで幕を開けたかと思えばいきなりお得意のリズム・チェンジによりヴォーカル部分に展開されます。しかもAメロは3小節単位で構成されていて変拍子ではないのですが、あぶらだこらしさが表れています。2曲目「S 60」は1分30秒程度の短い楽曲なのですが歌詞カードを見てみると歌詞は「60年代」という文字のみなのです。しかしこの短い楽曲でありながらめまぐるしく曲調が変化し、その独特の世界観が表現されています。6曲目の「ダーウィンの卵」はなかなかかっこいいストレートなハードコア・サウンドといった感じでライヴで盛り上がりそうな楽曲です。9曲目の「PARANOIA」は、それまでの奇声とも呼べる歌声とは異なりヴォーカルが変わったのかと思わせるほどそれまでとは雰囲気が違う歌い方のパンキッシュなナンバーです。

前述したとおり収録時間の短い作品ではありますが、その短い時間の中にあぶらだこの世界がギュッと詰め込まれていて、聴くものを圧倒させる作品に仕上がっています。ちょっと日本では同様のバンドが見当たらない、まさに孤高という言葉が相応しいエネルギッシュなバンドであります。

Amazonで「あぶらだこ」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

A LONG VACATION(ロング・バケイション) | 大滝詠一

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

A LONG VACATION(ロング・バケイション)ジャケット今回ご紹介する名盤は1981年にリリースされた大滝詠一の「A LONG VACATION」です。

邦楽の名盤を語るうえで絶対にはずせない1枚といえばやはりこれっ、「ロンバケ」ですね。このアルバムがヒットしている頃レコード屋さんに出向くと、本当にいたるところにこのアルバムのポスターが貼られていたように記憶しています。そもそも大滝詠一という人はテレビに出てこないし、正直言いますとその頃は誰?って感じだったのですが、このアルバム・ジャケットはとても印象的で心惹かれるものがありました。アメリカン・ポップスを大滝詠一というフィルターを通して作り上げたこのアルバムに、この当時いったい何人の人が魅了されたことでしょう。

大滝詠一のプロとしての音楽活動は、当ブログでも紹介しているはっぴいえんどから始まります。とても同じ人が歌っているとは思えないテンションの違いは、やはり曲の作り方にあったのだと思います。それまで大滝詠一の曲作りはバンドの演奏に合わせてメロディを作り上げていたので、自分のキーとは合っていなかったらしく、このアルバムで初めて自分のキーで曲作りを行ったらしいです。それまでは、はっぴいえんど、ナイアガラ時代も含めて楽器に合わせて曲を作り上げていたらしいです。

本作の参加アーティストなのですが、4曲目の「Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語(ストーリー)」以外の作詞は松本隆、ギターには鈴木茂、ベースには細野晴臣とはっぴいえんどの面々が勢揃いしています。その他にもドラムスには林立夫、なぜかストリングスに松任谷正隆とティン・パン・アレーまで勢揃いしています。それにしても細野晴臣の名盤絡み率には驚かされます。そしてアレンジャーは多羅尾伴内とクレジットされていますが、これは大滝詠一の別名です。プロデュースは大瀧詠一とクレジットされていますが、大滝詠一、大瀧詠一、多羅尾伴内とどういうわけか名前を使い分けています。

このアルバムを代表する楽曲はなんといっても1曲目の「君は天然色」です。2010年にもCMソングとして起用されているので、大滝詠一を知らない若い世代の人も、この楽曲には聞き覚えがあるという人も多いのではないでしょうか。その他にも、行ったこともないのに想像で書いてしまった爽やかな3曲目の「カナリア諸島にて」、その他にもロックン・ロール・スピリッツ溢れる5曲目の「我が心のピンボール」、メロウなナンバー6曲目(アナログ盤B面1曲目)の「雨のウェンズディ」や7曲目(アナログ盤B面3曲目)「スピーチ・バルーン」、シングル・カットされた8曲目(アナログ盤B面4曲目)「恋するカレン」など名曲だらけなのであります。

最後を飾るのが太田裕美に提供した楽曲のセルフ・カヴァー「さらばシベリア鉄道」なのですが、この曲に限ってなぜかアメリカン・ポップスの香りがせず、他の楽曲と趣が異なります。しかも再発版のCDにはこの曲が含まれていないものがあり、この楽曲の立ち位置が非常に謎です。

Amazonで「A LONG VACATION」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

ひこうき雲 | 荒井由実

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

ひこうき雲ジャケット今回ご紹介する名盤は1973年にリリースされた荒井由実の「ひこうき雲」です。

本作はユーミンこと荒井由実の記念すべきファースト・アルバムであります。それまで演歌を含む歌謡曲といわゆる四畳半フォーク(雑誌の対談で批判の意味も含めてユーミン初めてそう呼んだという説もあります)だけがヒット・チャートを独占していた時代に、都会的なエッセンスを持ったユーミンの世界観は、日本のミュージック・シーンに新たな価値観を生み出しました。日本のミュージック・シーンには、ユーミン以前とユーミン以後という時代があるとも言われるほどで、そのような意味も含めてこの「ひこうき雲」というアルバムは歴史的な価値もあるわけです。

そしてなんといってもこのアルバムで重要な役割を果たすのが、細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆らによるキャラメル・ママ(のちのティン・パン・アレー)の全面参加であります。この時代の日本のミュージック・シーンにおいて、バックで演奏するミュージシャンを固定しトータル・サウンドなアルバムを目指すという手法自体あまりお目にかかれなかったかもしれません。また、全曲において編曲が荒井由実、キャラメル・ママとクレジットされているので、この名盤の制作に彼らの存在が欠かせなかったのは言うまでもありません。

ユーミンが音楽創作活動は、2012年にリリースされたベスト・アルバム「日本の恋と、ユーミンと。」にも収録されている、イギリスのロック・バンドであるプロコル・ハルムのデビュー曲「A WHITER SHADE OF PALE(青い影)」がきっかけになったようです。1曲目の「ひこうき雲」を聴いてみると確かに「A WHITER SHADE OF PALE(青い影)」の香りがしてきます。この美しいメロディを持つ楽曲に死をモチーフにした歌詞を乗せてくるのが、ユーミン・クオリティという感じがします。「誰も気づかず ただひとり あの子は昇っていく」などフレーズから聴き手によって様々に解釈されるようですが、小学生時代の友人の死がきっかけとなっているのは確かなようです。

アルバム全編通して名曲揃いで、特に私のお気に入りは当時のアナログ盤でいうところのB面1曲目、CDでは6曲目の「ベルベット・イースター」です。完全に私のツボを刺激する名曲です。見事にはまりました。その他にもその歌詞の内容が見事に曲として表現されている2曲目の「曇り空」、転調が繰り返されるユーミンらしい楽曲「きっと言える」、コンサートでは「私の一番好きな曲です」と前置きされる8曲目の「雨の街を」、かまやつひろしプロデュースでデビュー・シングルとして発売したものの300枚しか売れなかった「返事はいらない」(アルバムに収録されているのは別ヴァージョンです)などなど粒揃いの名曲がずらりと並んでいるのです。

本当にこのアルバムは日本のミュージック・シーンを塗り替えたアルバムです。もしユーミンがデビューしていなければニュー・ミュージックというジャンルは確立されていなかったかもしれません。また、松田聖子などユーミンの恩恵にあやかった歌手やミュージシャンの行く末も違っていたかもしれません。

Amazonで「ひこうき雲」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

SOLID STATE SURVIVOR(ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー) | イエロー・マジック・オーケストラ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

SOLID STATE SURVIVORジャケット今回ご紹介する名盤は1979年にリリースされたイエロー・マジック・オーケストラの「SOLID STATE SURVIVOR」です。

イエロー・マジック・オーケストラ(以下YMO)にとって2作目となる本作ではありますが、1作目に見られたゲーム・ミュージックやオリエンタル・ディスコ・ミュージックの要素は見られなくなり、全体的に音の重厚感が増した仕上がりとなっております。また、1作目では坂本龍一、高橋ユキヒロによって作曲された曲が1曲ずつでありましたが、本作では各メンバーの楽曲がバランスよく収録されています。また、「TECHNOPOLIS」「RYDEEN」などのYMOを代表する楽曲が収録されておりYMOの出世作にもなった作品であります。

YMOいえば、日本のテクノ・ポップ・ブームの草分け的存在ではありますが、とりわけこの「SOLID STATE SURVIVOR」はYMOの中でも日本中に影響を与えたアルバムといってもいいかもしれません。先ほども触れましたが「TECHNOPOLIS」「RYDEEN」などの楽曲でYMO認知度を上げ、1980年にはLP売り上げ第1位となり、第22回日本レコード大賞アルバム賞を受賞しているのであります。街には、ばっさりともみあげをそり落とすテクノ・カットなるヘア・スタイルをした少年たちであふれかえっていた時代であり、このテクノ・ブームは社会現象とまでなっていったのであります。

この時代においては、シンセサイザーのサウンドというのがまだ珍しく、当時はもっと機械的で斬新な音楽に聴こえていたように記憶していますが、今あらためて聴き直してみると、ドラムがリズム・ボックスではなく生のドラムであることや、「TECHNOPOLIS」には細野晴臣のスラップ・ベースが入っていたり、またシンセサイザーとはいっても当時のシンセサイザーはアナログで独特の音の厚みがあることなどから、現代に数多く見られるDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)などで作られているであろうヒット曲などに比べると不思議と人間味や温かさを感じます。

先ほどから何度か触れている「TECHNOPOLIS」「RYDEEN」のほかにもエリック・クラプトンがカヴァー(リリースはされなかったがマイケル・ジャクソンがカヴァーしたヴァージョンの「BEHIND THE MASK」)するなど海外での評価が非常に高い「BEHIND THE MASK」、ザ・ビートルズのカヴァー曲「DAY TRIPPER」、表題曲でありこれまたYMOを代表する曲であります「SOLID STATE SURVIVOR」など1曲たりとも聴き逃さずにはいられない作品構成となっており、まさに日本の音楽史にとっても欠かせない作品、それがこの「SOLID STATE SURVIVOR」なのであります。

また、このYMO結成の言いだしっぺでもある細野晴臣はエイプリル・フール、はっぴいえんど、ティン・パン・アレーなどで活躍、日本のロック・シーンを地味ながら支え続けてきた功績はもっと称えられるべきであると感じる今日この頃であります。

Amazonで「SOLID STATE SURVIVOR」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

RHAPSODY(ラプソディー) | RCサクセション

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

RHAPSODYジャケット今回ご紹介する名盤は1980年にリリースされた、RCサクセションの「RHAPSODY」です。

当時はロック=洋楽(もしくは歌詞が英語)という認識を持っていたため、このアルバムを初めて聴いたときは日本語でロックが成立するんだと衝撃を覚えたものでした。このアルバム、実はライブ盤なのですが(最近映像メディアが比較的安価に手に入るためライブ盤ってあまり見かけなくなりましたねぇ)、本作収録の「雨上がりの夜空に」を筆頭にスタジオ録音された音源よりドライブ感があります。ライヴ・バンドの作品というのは得てしてこのようなもので、スタジオでこぎれいに録音されたものは、かえって薄っぺらく感じられたりするものです。

なんでもこのアルバムはRCサクセションがアコースティック路線からロック・バンド編成になってから初のアルバムで、新生RCサクセションのデビュー・アルバムといってもいい作品であります。その作品がライヴ盤で発売されたのは、「ライヴの勢いをそのまま出したい」という忌野清志郎の意向と、スタジオで録音するといろいろ音をいじられたり自分たちの表現したいものができないなどの理由でライヴ盤での発売に踏み切ったらしいです。4年前に発売された前作「シングル・マン」はすでに廃盤になっていたり、シングル発売された「ステップ!」ではスタジオミュージシャンが演奏したヴァージョンが採用されたりと、あまりレコード会社を信用していなかったのかもしれません。

個人的にこのアルバムで思い出深いのが、じつはライヴ・ハウスなるところで初めて演奏したのがRCサクセションのコピー・バンドで、曲目もほとんど本作からのラインナップでした。「よォーこそ」「ブン・ブン・ブン」「雨あがりの夜空に」「上を向いて歩こう」などを演奏したように記憶しています。

日本語ロックの幕開けを飾ったこのRCサクセション。そのフロントマンであり、ステージでの派手なパフォーマンスや過激な歌詞の数々、そしてそれらのイメージとは裏腹の繊細なセンスを併せ持つ忌野清志郎がもうこの世にいないことは残念でありません。

Amazonで「RHAPSODY」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ