Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命) | コールドプレイ

Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)ジャケット今回ご紹介する名盤は2008年にリリースされたコールドプレイの「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」であります。

このブログでは珍しく21世紀の名盤を紹介するわけですが、本作はプロデューサーにかのブライアン・イーノを迎えて製作された作品であり、流れ的に押しも押されぬビッグ・バンドであるU2を彷彿させる歴史をコールドプレイも突き進んでいるように思われます。U2がブライアン・イーノをプロデューサーに迎えた時と同様に、この「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」においてもそれまで荒削りなイメージのあったサウンドがより洗練されたものとなっております。また、ディレイなどの駆使によりにより空間的なサウンドに仕上がっている感があるのもブライアン・イーノのプロデュースによるところの影響ではないかと思われます。

本作は2009年の第51回グラミー賞において「最優秀ロックアルバム賞」を受賞、また、楽曲「Viva La Vida(美しき生命)」では主要4部門のひとつである「年間最優秀楽曲賞」も受賞しております。残念ながらノミネートされていた「年間最優秀アルバム賞」の受賞は逃しましたが、本国のイギリスのみならず、アメリカでも非常に高い評価を受けています。日本盤には、このアルバムの価値を損ねるといっても過言ではないボーナス・トラック「ロスト?」という楽曲が最終トラックに追加されています。ボーナス・トラック不要論者であることは日頃から公言しておりますが、このアルバムに関していえば全く許しがたいサービスで、iTunesなどにコピーする際には、ぜひ「ロスト?」というボーナス・トラックはチェックをはずしていただくようお願いいたします。

このアルバム「Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命)」を代表する曲はなんといってももはやコールドプレイのアンセムといってもいいトラックナンバー7「Viva La Vida(美しき生命)」であります。アップルのiPodのCMでも起用されていた曲でもありますので、コールドプレイを知らなくてもこの曲なら知っているという方も多いのではないでしょうか。ストリングスを前面に押し出した非常に耳障りの良い曲です。また、トラックナンバー8の「Violet Hill」コールドプレイではあまり聴くことのないディストーションの効いたギター・サウンドによるブルージーな作風に仕上がっています。この楽曲はアルバム発売前のリード・シングルとしてフリーで配信されています。インターネット社会の現在は、プロモーションの方法も様々ですね。

このアルバムは、生と死をコンセプトとした作品であるためか、明と暗がかなり曲ごとにはっきりしているように感じられます。最終トラックの「Death And All His Friends(生命の幻影)」では何か悟ってしまったかのような、そんな雰囲気を感じさせる一曲になっております。そしてこのナンバーが一度曲が終わったかと思いきや、オープニングナンバーの「Life In Technicolor(天然色の人生)」と同じフレーズでフェイド・アウトしていきます。そしてまた、同じフレーズがオープニング・ナンバーの「Life In Technicolor(天然色の人生)」でフェード・インしてくることで、生と死が繰り返されていることを象徴しているように感じられます。このアルバムの構成が、「ロスト?」というボーナス・トラックの存在で台無しになってしまうのです。

時はすでに21世紀、今やバンドという形態をとるミュージシャンは世界的に少なくなってきたような気がします(日本は例外的に多いように思いますが)。バンドという形態は、演奏者が固定されているため、そのサウンドそのものがそのミュージシャンの顔になり得ます。コールドプレイもそんなバンドの一つであり今後の活躍が楽しみです。

Amazonで「Viva La Vida(美しき生命)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

SUPERFLY(スーパーフライ) | カーティス・メイフィールド

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

SUPERFLYジャケット今回ご紹介する名盤は1972年にリリースされたカーティス・メイフィールドの「SUPERFLY」です。

本作は同名映画「スーパーフライ」のオリジナル・サウンドトラックなのですが、カーティス・メイフィールド名義でリリースされていて、またカーティス・メイフィールドの4枚目のオリジナル・アルバムとして扱われているので、ここでもカテゴリーは洋楽Cでいきたいと思います。実は筆者はこの映画を鑑賞したことはないのですが、音源だけでも十分楽しめます。本作はカーティス・メイフィールドばかりではなく、ソウル・ミュージック、ファンク・ミュージックの代表作とされ、後のアーティストに多大な影響を与えた1枚であるといわれているのであります。

1972年といえば、当ブログで紹介しているスティーヴィー・ワンダーの「INNERVISIONS」、また前年の1971年にはマーヴィン・ゲイの「WHAT'S GOING ON」など、ブラック・ミュージックの傑作といわれるアルバムが続々と世に送り出された時期でもあります。また1970年代前半というのは黒人が監督、脚本などを務める「ブラック・ムーヴィー」も量産されていました。カーティス・メイフィールドの最高傑作である本作は、このような絶妙なタイミングの中で生み出されたのであります。

1曲目の「LITTLE CHILD RUNNIN' WILD」からオリジナル・サウンドトラックらしい緊張感が漂ってきます。ホーン・セクションとストリングスによる重厚感がたまりません。2曲目の「PUSHERMAN」は、ベース・リフを貴重したソウル・ナンバーでカーティス・メイフィールドのファルセットが光ります。3曲目の「FREDDIE'S DEAD」はシングル・カットされたナンバーであり、アルバムの表題曲「SUPERFLY」とともにこのアルバムを代表するナンバーです。こちらも重厚なソウル・ナンバーに仕上がっています。バックのストリングスがオリジナル・サウンドトラック感を醸し出しています。4曲目「JUNKIE CHASE」は短いインストゥルメンタルのナンバーなのですが、独特の緊張感があり映画ではどのようなシーンで使用されたかが気になるところであります。

アナログ盤であればB面1曲目に相当する5曲目の「GIVE ME YOUR LOVE(LOVE SONG)」はアフリカンなビート印象的なナンバーでカーティス・メイフィールドのファルセットが切なく感じます。6曲目の「EDDIE YOU SHOULD KNOW BETTER」は語りかけるように歌うバラードです。7曲目の「NO THING ON ME(COCAINE SONG)」はそれまでの緊張感から解き放たれたような楽曲で、非常に晴れやかな雰囲気を持ったナンバーです。8曲目「THINK」はメロウなインストゥルメンタル・ナンバーでクリア・トーンのギターが印象的です。9曲目で表題曲の「SUPERFLY」はアフリカンな雰囲気とソウル・ミュージックを掛け合わせたようナンバーでアルバムのラストを飾るのに相応しいナンバーです。

現在発売されている「SUPER FLY」は25TH・アニヴァサリー・エディションの時のもので、オリジナル9曲に対して11曲ものボーナス・トラックが追加されています。計20曲で収録時間もオリジナルの約37分に対して、70分超えとなっており、ありがいようなありがたくないような特別仕様です。

Amazonで「SUPERFLY」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Deja vu(デジャ・ヴ) | クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Deja vuジャケット今回ご紹介する名盤は1970年にリリースされたクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「Deja vu」です。

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングと妙に長いグループ名なのですが、グループというよりかはどうも個人の寄り合いみたいな位置づけであるとメンバーは考えていていたようで、そのことによりグループ名は個人のファースト・ネームが羅列しただけのものとなっているようです。元々はクロスビー、スティルス&ナッシュという3人のグループだったのですが、ロック色を強めたいというメンバーの意向もあり、当時すでにソロとして活動していたニール・ヤングがギタリストとして参加することとなりました。そしてメンバーは精力的に活動を展開し、1969年にウッド・ストックへ参加しそこで絶大な支持を得て、その後リリースされた本作「Deja vu」が爆発的にヒットすることとなります。

そしてこの4人のメンバーの他にドラムスのダラス・テイラー、ベースにグレッグ・リーヴスが加わった6人の基本構成で名盤名高い本作は制作されているのですが、このゲスト・ミュージシャンの名前もこちらなぜかフル・ネームでジャケットに掲載されております。その他にもグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアがスティール・ギターで、ラヴィン・スプーンフルからはジョン・セバスチャンがハーモニカでゲスト参加しています。作詞、作曲等はグループ名に名を連ねている4人がそれぞれ行っており、そのためか非常に多彩なサウンドに仕上がっています。

1曲目はスティルス作の「CARRY ON」でアコースティック・ギターのストロークが実に印象的です。またサビのコーラスが非常に美しくでオープニングを飾るに相応しい楽曲に仕上がっています。2曲目はナッシュ作の「TEACH YOUR CHILDREN」でジェリー・ガルシアのスティール・ギターフィーチャーされたカントリー調の楽曲です。3曲目はクロスビー作の「ALMOST CUT MY HAIR」はロック色の濃く熱く歌い上げるクロスビーのヴォーカルによってついつい引き込まれそうになる、そんなナンバーです。4曲目ヤング作の「HELPLESS」はいかにもヤングらしいメロウなナンバーです。5曲目はジョニ・ミッチェル作の「WOODSTOCK」でギターのイントロがなかなかかっこいいロック・ナンバーで、映画ウッドストックでもテーマ・ソング的に使用されていました。

LPではB面の1曲目に当たる6曲目はクロスビー作でアルバムの表題曲にもなっている「Deja vu」でシャッフルのスキャット・パートから始まり、その後見事なコーラスを披露したかと思えば、曲調はバラード調に展開するなど非常に凝った構成を持つ楽曲に仕上げられています。7曲目の「OUR HOUSE」ナッシュ作の楽曲でザ・ビートルズの「REVOLVER」に収録されている「FOR NO ONE」をつい思い出してしまうピアノが印象的です。8曲目の「4+20」はスティルス作でどうも弾き語りのようです。9曲目はニール作の「COUNTRY GIRL」で3部構成となっていますが、転調やリズム変化が伴わないのですんなり1曲として聴くことのできるスケールの大きい感動的なナンバーです。ラストを飾るのはスティルスとヤングによる「EVERYBODY I LOVE YOU」でコーラスを前面に押し出したロック・ナンバーであります。

こうやって1曲ずつ見てみると各メンバーが2曲ずつ楽曲を提供し、残る2曲はジョニ・ミッチェルとスティルスとヤングの共作ということで民主的なグループであるということがわかります。4人とも個性が強いのですが、楽曲の配置などアルバムの構成が見事で不思議と統一感を感じさせる仕上がりとなっており、名盤と呼ぶに相応しい内容となっております。

Amazonで「Deja vu」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Tapestry(つづれおり) | キャロル・キング

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Tapestry(つづれおり)ジャケット今回ご紹介する名盤は1971年にリリースされた、キャロル・キングの「Tapestry(つづれおり)」です。

今回は前回のガンズ・アンド・ローゼズ「APPETITE FOR DESTRUCTION」から一転、ポピュラー・ミュージックのレビューとなります。このアルバム、ロック全盛時代の同時代において爆発的なヒットをし、グラミー賞においても複数の賞に輝くなど、リリースより40年経過した今なお名盤として名をはせているキャロル・キングの傑作中の傑作なのであります。ポピュラー・ミュージックに普遍性を求めるのであれば、好き嫌いはあるかもしれませんが、このアルバムがまさにうってつけ、ケチの付けようのない作品に仕上がっているのであります。

1曲目のダンサブルなナンバー「I FEEL THE EARTH MOVE」から始まり、時にブルージーであったり、時にジャジーでありながらその曲と曲の間を見事なまでの美しさを持つナンバーでつながれているため、ともすれば散漫になりがちな楽曲群をとても美しい印象を持たせる構成にまとめあげています。日本でもCMソングなどにかなりの楽曲が使用されていたようなので、キャロル・キングを知らない人でも聴きおぼえのあるナンバーがあったりするのではないかと思われます。

元々キャロル・キングという方は、シンガーとしてはリリースした4枚のシングル・レコードが泣かず飛ばずという状況でシンガーとしては一時引退する形になり、当時の夫ジェリー・ゴフィンとソング・ライター・コンビとして活躍していたようです。日本でもおなじみの「THE LOCO-MOTION(ロコ・モーション)」も彼女の手による作品なのであります。またシュレルスという黒人女性4人のコーラス・グループに提供した「WILL YOU LOVE ME TOMORROW」は全米No.1を記録、本作においてセルフ・カヴァーをしております。カヴァーといえばこのアルバムの代表曲「YOU'VE GOT A FRIEND(君の友だち)」はジェームス・テイラーがカヴァーをし、全米チャート1位を獲得しております。その後この曲は数えるのも嫌になってしまうくらいの方々にカヴァーをされている名曲です。

もちろん本家であるキャロル・キングも負けておらず、「Tapestry(つづれおり)」は全米アルバムチャートで15週連続1位、シングル・カットされた「IT'S TOO LATE」5週連続全米No.1を獲得しています。結局、アルバムは世界中で2,200万枚を超える驚異的なヒットとなり歴史的名盤の仲間入り、さらには何のことだかよくわかりませんがアメリカ議会図書館の全米録音資料登録簿(National Recording Registry)に選ばれた50の作品の1つとなったそうです(なんか凄そう)。

ロックもよいですが、たまに心が疲れたときなどにこのような珠玉のポップスで心を癒されてみるのも悪くありませんよ。あっそれとこのアルバム、最近のCDにはまったく余計なボーナス・トラックが入っているようで「(YOU MAKE ME FEEL LIKE)A NATURAL WOMAN」を聴き終えたところでいったん休憩を取りましょう。

Amazonで「Tapestry(つづれおり)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム) | クリーム

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム)ジャケット今回ご紹介する名盤は1967年にリリースされた、クリームの「DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム)」です。

このアルバム、ジャケットがとにかく派手でこのジャケットだけ見てもなんか名盤の雰囲気をかもし出しています。内容的にもこのサイケデリックな感じとは無関係ではなく、ブルース、サイケデリック・ロック、ハード・ロック、クリームの特徴でもあるインプロヴィゼーションなどが見事に調和された内容に仕上がっています。1967年といえば(リアル・タイムには知りませんが)サイケデリック・ムーブメントの真っ只中、ザ・ビートルズの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」もこの年に発売されており、様々なバンドが趣向の凝らしたジャケットで作品を発表していた時期でもありました。

クリームといえば、即興演奏(インプロヴィゼーション)を得意とするライブ・バンドのイメージがありますが、さすがにメンバーがテクニシャン揃いだけあって、スタジオ・ワークもしっかりしております。シングル・カットされヒットしたサイケデリックなナンバー「STRANGE BREW」にはじまり、ロックに興味のない人でも1度は耳にしたことがあるだろうかの有名なリフを持つ(サザンもパクってた)「SUNSHINE OF YOUR LOVE(サンシャイン・ラヴ)」へと展開するオープニングですでにこの「DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム)」の世界へと引き込まれます。

スローなサイケデリック・ナンバー「WORLD OF PAIN(苦しみの世界)」、クラプトンの美しいギター・サウンド始まるミステリアスなナンバー「DANCE THE NIGHT AWAY(夜通し踊ろう)」、ハードなロック・ナンバー「TALES OF BRAVE ULYSSES(英雄ユリシーズ)」、スピード感のあるロック・ナンバー「SWLABR」、ブラインド・ジョー・レイノルズをカバーしたブルース・ロック「OUTSIDE WOMAN BLUES」、ブルース・ギターのお手本的なナンバー「TAKE IT BACK」と秀逸な楽曲がライン・アップされています。

最後はなんかおふざけな感じの「MOTHER'S LAMENT」で締めくくりますが、「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」にも最後「Sgt. Pepper Inner Groove」というノイズ・トラックが入っていますが、ちょっとおまけ的なエンディングがこの当時流行していたのでしょうか。

Amazonで「DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

LONDON CALLING(ロンドン・コーリング) | ザ・クラッシュ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

LONDON CALLINGジャケット今回ご紹介する名盤は1979年にリリースされた、ザ・クラッシュの「LONDON CALLING」です。

若かりし頃、初めてこのアルバムを聴いたときの印象はオープニングの「LONDON CALLING」で衝撃を受けましたが、その後のナンバーではちょっと肩透かしを食らったようなそんな印象が残っています。ところがこのアルバム、本国イギリスのみならずアメリカにおいても、各音楽誌の評価が軒並み高く、「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500」では、なんと8位にランキングされています。

なんといってもこのアルバムの特徴はストレートなパンク・ロックからの脱却にあります。ロカビリー、レゲエ、R&Bなど様々なジャンルのテイストを盛り込んだ幅広い内容に仕上がっており、パンク・ロックの攻撃的なイメージはほとんど感じられません。そもそもパンク・ロックというのはステレオ・タイプになりがちなジャンルであり、長く続けるには難しいところがあります。セックス・ピストルズもオリジナル・アルバムが1枚のみでしたが、同じようなコンセプトで2枚、3枚とアルバムを出し続けていたら評価は変わっていたかもしれません。

ザ・クラッシュ=パンク・ロックという先入観抜きで改めてこのアルバムを聴きなおしてみると、ザ・クラッシュの曲作りにおける多様な才能が感じられ、パンク・ロックの枠に収まらないこのチャレンジはやはり成功だったなと思わざるを得ません。全体的にはポップな印象を受けるのですが、ジョー・ストラマーの歌唱法にパンク・ロックの名残りを感じ独特の世界を生み出しています。

このアルバムLP2枚組みなのですが、なんでもザ・クラッシュはレコード会社に1枚は12インチシングルのおまけだと嘘をつき、本国イギリスではLP1枚の値段で売られたそうで、このような反商業主義的な姿勢が、結果商業的に大成功してしまったというのはなんか皮肉めいたものを感じさせます。ちなみにアメリカでは1980年にリリースされているので80年代のアルバムとして扱われています。

Amazonで「LONDON CALLING」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ