« (What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス | トップページ

She's So Unusual(シーズ・ソー・アンユージュアル) | シンディ・ローパー

Shes So Unusual今回ご紹介する名盤は1983年にリリースされたシンディ・ローパーの「She's So Unusual」であります。

本作はシンディ・ローパーのソロ・デビュー作でありながら、グラミー賞では、最優秀アルバム賞と最優秀アルバム・パッケージ賞にノミネートされ、また「ローリング・ストーン」誌の「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」においては、それぞれ487位と63位にランクインしております。

とにかく衝撃的なデビュー・アルバムとなった本作でありますが、とりわけ先行シングルとして発売された「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」(発売当時は「ハイ・スクールはダンステリア」という邦題がついておりました)は、プロモーション・ビデオに実母が出演するなど話題に事欠きませんでした。

そのもシングル・カットされた「タイム・アフター・タイム」が大ヒット、このなんとも切ないバラード・ナンバーは80年代を代表する名曲となったわけであります。またこの曲をカヴァーしたマイルス・デイヴィスは「"タイム・アフター・タイム"はスタンダード・ナンバーになるだろう。それは俺が演奏したからでも、シンディが歌ったからでもあるけど、それだけでなくメロディが良いからだ。オーボエ、アコーディオン、何で演奏してもね」と語っているほどでもあります。

日本だけけかは知りませんが、シンディ・ローパーって女の子ウケが大変よかったんです。当時はバンド少年というよりかは、洋楽が大好きな女子高生などに人気があったように思われます。そういう面からも、日本のオリコンLPチャートでも5位という順位を記録し、64週連続チャート圏内に登場するロング・ヒットとなったわけであります。

全世界で1600万枚売り上げた、シングル・チューン満載のまさに名盤でありますが、サウンド的には80年代以降の軽い作りにはなっておらず、そのポップな仕上がりは、平成も終わろうとしている今も楽しむことができる、そんな一枚となっております。

ポチッとよろしく!

« (What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス | トップページ

洋楽C」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/66995640

この記事へのトラックバック一覧です: She's So Unusual(シーズ・ソー・アンユージュアル) | シンディ・ローパー:

« (What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス | トップページ

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ