« Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命) | コールドプレイ | トップページ

(What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス

Morning_glory_2今回ご紹介する名盤は1995年にリリースされたオアシスの「 (What's the Story) Morning Glory?)」であります。

本作はイギリスで、クイーンの「グレイテスト・ヒッツ」、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に次ぐ歴代3位となる440万枚以上、全世界では2300万枚以上を売り上げ、オアシスを一気にスターダムにに仕上げた、とてつもないアルバムであります。また、2010年2月に行われたブリットアワードで、「過去30年間のベストアルバム」に選出されるなど、イギリスでは非常に評価されているアルバムであります。ただ「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」では、378位にランクインとあまり高い評価ではありませんが、まぁ偏りのあるランキングなのでこういう評価になるのかもしれません。

オアシスがザ・ビートルズを敬愛しているというのはとても有名な話でこのアルバムもところどころでザ・ビートルズの匂いを感じることができます。世界中でヒットした3rdシングルでオアシスを代表する曲であるトラックナンバー3の「Wonderwall」はジョージ・ハリスンの同名サントラからタイトルが付けられており、また、これもオアシスの代表曲といってもいいトラックナンバー4の「Don't Look Back in Anger」のイントロはジョン・レノンの「Imagine」から引用されています。そしてトラックナンバー10「She's Electric」のアウトロではザ・ビートルズの「With a Little Help from My Friends」を引用しており、ザ・ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を聴いたことがある人はきっとすぐにピンとくると思います。

アルバムの全体的な印象としては、オアシスが持っている筋の通ったストレートなサウンドで構成されている感があります。その中においてもトラックナンバー3の「Wonderwall」、トラックナンバー9の「Cast No Shadow」のアコースティック色の強い曲がちりばめられ、メリハリやバランスが見事に取れています。「Don't Look Back in Anger」では初めてノエル・ギャラガーがヴォーカルを担当しましたが、リアム・ギャラガーとどちらがヴォーカルを担当するかで、兄妹喧嘩が勃発したようです。結局のところリアムが折れて決着したとのことですが、ノエルにとってはそれほどお気に入りの1曲だったことが伺えます。「Don't Look Back in Anger」は数多くのアーティストによってカバーされている名曲です。日本でもイエロー・モンキーの吉井和哉などがライブでカバーしているようです。

元々オアシスはサウンドが確立されているバンドであり、コンセプトのようなものがなくてもトータルにアルバム仕上がるように思われます。その中においても本作「 (What's the Story) Morning Glory?)」は間違いなくオアシスを代表するアルバムであり、イギリスの音楽史においても重要なアルバムである事は間違いありません。歪ませたギターの音でオープン・コードをガンガン鳴らしながらもどこかメロディアスで、またザ・ビートルズの影響と思われるロック・サウンドにストリングス重ねる手法は見事です。

当初オアシスはザ・ビートルズの再来と言われながらも、結局のところ、オリジナル・アルバムはザ・ビートルズより少ない7作のみで事実上の解散してしまいました。この事実は非常に残念でなりません。

ポチッとよろしく!

« Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命) | コールドプレイ | トップページ

洋楽O」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/65274666

この記事へのトラックバック一覧です: (What's the Story)Morning Glory?(モーニング・グローリー) | オアシス:

« Viva la Vida or Death and All His Friends(美しき生命) | コールドプレイ | トップページ

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ