« AQUALUNG(アクアラング) | ジェスロ・タル | トップページ | 氷の世界 | 井上陽水 »

ABRAXAS(天の守護神) | サンタナ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

ABRAXAS(天の守護神)3年近く放置してしまいましたが、今回ご紹介する名盤は1970年にリリースされたサンタナの「ABRAXAS(天の守護神)」です。

きっとほとんどの方がラテン・ロックといえばサンタナの名前が真っ先に頭に思い浮かべるでしょう。そのラテン・ロックの急先鋒サンタナの作品の中にあって、最もラテン・ロック呼ばれるにふさわしい作品がこの「ABRAXAS(天の守護神)」なのではないかと思われます。しかもこの作品はサンタナにとって2枚目のアルバムでありながら、全米1位を獲得したアルバムであり、ラテン・ロックの草分け的作品であることは間違いありません。

このアルバムの中では特に有名な楽曲は何といっても「ブラック・マジック・ウーマン」です。フリートウッド・マックのカヴァーなのですが、ブルース・ロックにサンタナ独特のラテンというスパイスで味付けをし、原曲とはかなり異なる仕上がりになっています。当時シングルで全米4位を記録した大ヒットナンバーで、今でもサンタナの代表曲として君臨してるのです。アルバムでは、ジプシー・クイーンとメドレーになっていて、アルバムでは、この2曲のメドレーがトラック・ナンバー2としてクレジットされています。この2曲、メドレーになっているのですが別々の日にレコーディングされています。

続いてシングルで発売されたのがアルバム3曲目の「OYE COMO VA(僕のリズムを聞いとくれ)」(誰がこんな邦題をつけるんだかという感じですが)も全米13位とこれまたヒットするのであります。この曲はカルロス・サンタナがリスペクトしていた、ラテン音楽の巨匠ティト・プエンテの作品で、そのラテン音楽にロックを見事なまでに融合させたナンバーでこの曲もまた、サンタナを代表するナンバーであります。歌詞非常にシンプルなスペイン語の歌詞が時折繰り返されるだけで、限りなくインストゥルメンタル・ナンバーに近い作品です。

この「ABRAXAS(天の守護神)」という作品は、クレジットされている9曲中半分以上を占める5曲が純粋なインストゥルメンタル・ナンバーです。その中でも1曲目の「SINGING WINDS,CRYING BEASTS(風は歌い、野獣は叫ぶ)」は、この傑作の導入にふさわしく、これから始まる物語のイントロダクション的な、ワクワク、ドキドキ感がたまらないナンバーです。また、この作品においては唯一カルロス・サンタナが書き下ろした7曲目の「SAMBA PA TI(君に捧げるサンバ)」も名曲で、サンバと聞くとリオのカーニバルみたいなものを連想されるかもしれませんが、この曲は非常に耳に優しいインストゥルメンタル・ナンバーに仕上がっていて、個人的には大好きなナンバーの一つです。

今年(2017年)に来日公演を行う予定ですが、その昔「TAKANAKA SANTANA SUPER LIVE」という公演が横浜スタジアムが開かれ、それを観に行ったことがあります。高中正義とカルロス・サンタナがYAMAHA・SGというギターで競演していたのをよく覚えております。その当時、高中正義やカルロス・サンタナの他にもカシオペアの野呂一生などがYAMAHA・SGを使用しており、ギター小僧の間で大ブームとなっておりました。

Amazonで「ABRAXAS(天の守護神)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« AQUALUNG(アクアラング) | ジェスロ・タル | トップページ | 氷の世界 | 井上陽水 »

洋楽S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/64883864

この記事へのトラックバック一覧です: ABRAXAS(天の守護神) | サンタナ:

« AQUALUNG(アクアラング) | ジェスロ・タル | トップページ | 氷の世界 | 井上陽水 »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ