« SWEETHEART OF THE RODEO(ロデオの恋人) | ザ・バーズ | トップページ | UNKNOWN PLEASURES(アンノウン・プレジャーズ) | ジョイ・ディヴィジョン »

BREEZIN'(ブリージン) | ジョージ・ベンソン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

BREEZIN'ジャケット今回ご紹介する名盤は1976年にリリースされたジョージ・ベンソンの「BREEZIN'」です。

ジョージ・ベンソンという人は驚くことに3歳の頃からプロのギタリストを目指していたということなのですが、3歳の時分に将来の自分の姿なんて普通は考えられないですよね。親からみても自分の子どもの3歳の頃なんて、この子は将来どうなるやらなんて感じで子どもの将来なんて皆目見当が付かないのが正直なところであります。それにしてもジョージ・ベンソンが3歳の頃に子ども用のギターなるものなんてあったのでしょうか。それにしても幼少の頃からの志には驚いてしまいます。

ジョージ・ベンソンは1960年代までは、ウェス・モンゴメリーばりのジャズ・ギタリストだったのですが、1970年代からフュージョン系にアーティストに転身、そのフュージョン系の時代を代表する作品が本作「BREEZIN'」なのであります。本作「BREEZIN'」はなんと驚くことにビルボード・チャートのPOP、R&B、ジャズの各部門で同時1位に輝くという偉業を成し遂げるほか、グラミー賞においてもシングル・カットされた「THIS MASQUERADE(マスカレード)」はレコード・オブ・ザ・イヤーを、アルバムがベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンスを受賞するなど、1970年代のフュージョン・シーンを代表する名盤中の名盤なのです。

1曲目の表題曲「BREEZIN'」はそのタイトルの通り夏空にそよ風に吹かれるような爽やかさが滲み出ている曲です。テレビのBGMなどにも使われていたりすることもあるので、ご存知の方も多いかもしれません。2曲目はカーペンターズもカヴァーしたレオン・ラッセルの名曲「THIS MASQUERADE(マスカレード)」をカヴァーしたものです。ギターだけではなく見事な歌声も披露、特にギターとユニゾンで繰り出されるスキャットはギタリストのノーマン・ブラウンやベーシストのネーザン・イーストにも影響を与えています。3曲目の「SIX TO FOUR」はタイトルもそこから付けられていると思うのですが6拍子という変拍子の楽曲を違和感なく聴かせてくれます。

LPではB面1曲目に当たる4曲目の「AFFIRMATION(私の主張)」は非常にキャッチーなテーマが印象深い、これぞフュージョンというナンバーです。バックのストリングスが軽快さ醸し出しておりますが、この曲のギター・ソロはすさまじい物があります。5曲目「SO THIS IS LOVE?(これが愛なの?)」はバックのストリングスが裏メロ的な効果を出しているのですが、4曲目の「AFFIRMATION(私の主張)」とはまた違う趣で多少緊張感のある楽曲に仕上げられています。6曲目「LADY(愛するレディ)」は非常に落ち着いたナンバーながらも、広大さを感じる耳に馴染みやすい楽曲となっております。

その昔、父親がジョージ・ベンソンのアルバム(LP)を持っていて、「これちょうだい」とお願いしてみたところあっさりと「いいよ」という返事が返ってきたので、その時はあーきっと何かの手違いでコレクションに入っていたのだろうと思ったりしたものです。なんとジャズ期のジョージ・ベンソンの作品で、父親がジャズを聴いている姿など見たこともないので、きっとその推理は間違いでなかった思われます。

Amazonで「BREEZIN'」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« SWEETHEART OF THE RODEO(ロデオの恋人) | ザ・バーズ | トップページ | UNKNOWN PLEASURES(アンノウン・プレジャーズ) | ジョイ・ディヴィジョン »

フュージョン・ジャズ洋楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/57294812

この記事へのトラックバック一覧です: BREEZIN'(ブリージン) | ジョージ・ベンソン:

« SWEETHEART OF THE RODEO(ロデオの恋人) | ザ・バーズ | トップページ | UNKNOWN PLEASURES(アンノウン・プレジャーズ) | ジョイ・ディヴィジョン »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ