« AVALON(アヴァロン) | ロキシー・ミュジック | トップページ | A LONG VACATION(ロング・バケイション) | 大滝詠一 »

THIS YEAR'S MODEL(ディス・イヤーズ・モデル) | エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

THIS YEAR'S MODELジャケット今回ご紹介する名盤は1978年にリリースされたエルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズの「THIS YEAR'S MODEL」です。

本作はエルヴィス・コステロのセカンド・アルバムであり、バック・バンドであるジ・アトラクションズを結成してからは初のアルバムとなります。デビュー・アルバム「MY AIM IS TRUE」でバックを務めていたのが、当時クローヴァーと名乗っていたのちにヒューイ・ルイス&ザ・ニュースとなるバンドであります。しかも当時このデビュー・アルバムは日本では発売されず、本作「THIS YEAR'S MODEL」が日本でリリースされた初めてのアルバムということになります。

エルヴィス・コステロも楽曲で日本で馴染みのあるものといえば、1999年4月から2003年3月までフジテレビの「情報プレゼンター とくダネ!」のオープニング・テーマとして使用されていた「VERONICA」、映画「ノッティングヒルの恋人」の恋人で使用された「SHE」、チャーリー・チャプリンのカヴァー曲で明石家さんまと木村拓哉が共演したドラマ「空から降る一億の星」のエンディング・テーマ「SMILE」と、エルヴィス・コステロの名前は知らなくとも曲を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。また、Mr.Childrenの桜井和寿も1995年のシングル「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」で「パクった」と公言しているエルヴィス・コステロでありますが、そういえば声や歌い方が桜井和寿と似ているように感じるのは私だけでしょうか。

エルヴィス・コステロといえば、黒縁メガネをかけたそのルックスから想像がつかないほどに尖ったパンキッシュなサウンドを披露してくれるのですが、メロディはかなりポップなセンスを持っており、メロディ・メイカーとしての才能の豊かさも感じさせてくれます。大衆に媚びを売ることなく、それでいて常に商業的にも成果を収めており、そのミュージシャンとしてのキャリアはまさに理想的といわざるを得ません。エルヴィス・コステロが登場した当時、「エルヴィスっていったらプレスリーだよね」と思っていたのですが、なんとこの芸名のファースト・ネームはエルヴィス・プレスリーに由来するそうであります。

その名前とルックスから多少ふざけた感のあるエルヴィス・コステロでありますが、アルバムの内容はいたってまじめ(当たり前?)でありまして、オープニング・ナンバー「NO ACTION」は疾走感溢れる鋭いロック・ナンバーに仕上げられており、聴くものの心をいきなり鷲掴みにします。2曲目で表題曲の「THIS YEAR'S MODEL」3曲目の「THE BEAT」はミディアム・テンポのいかにもエルヴィス・コステロらしいナンバーが続き、4曲目の「PUMP IT UP」ではイントロのベース・リフから踊りだしたくなるようなナンバーと展開していき、スローなナンバー5曲目の「LITTLE TRIGGERS」ではメロディ・メイカーとしての才能が遺憾なく発揮されております。というような感じでアルバム全体を通してエルヴィス・コステロ・ワールドが炸裂しております。

13曲目の「RADIO RADIO」かっこいいなぁと思っていたら、これ本国イギリスでは独立シングルとしてリリースされたボーナス・トラックなんですね。私の所有している盤には6曲のボーナス・トラックが収録されているのですが、シングル「RADIO RADIO」B面の「BIG TEARS」も収められていて、こちらはザ・クラッシュのミック・ジョーンズのギターがフィーチャーされているようです。ボーナス・トラックなんて不要というのが持論なのですが、この2曲はちょっと得した感がありました。

Amazonで「THIS YEAR'S MODEL」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« AVALON(アヴァロン) | ロキシー・ミュジック | トップページ | A LONG VACATION(ロング・バケイション) | 大滝詠一 »

洋楽E」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、お邪魔します。
Jamken といいます。
このアルバムは、私が大好きな思い入れのあるアルバムであります。
このトリッキーな歌いかたは
当時とても新鮮でした。

Jamkenさんコメントありがとうございます。当ブログの管理人です。たしかにエルヴィス・コステロの歌い方って独特ですよね。私もこのアルバムはお気に入りの1枚です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/56612457

この記事へのトラックバック一覧です: THIS YEAR'S MODEL(ディス・イヤーズ・モデル) | エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ:

« AVALON(アヴァロン) | ロキシー・ミュジック | トップページ | A LONG VACATION(ロング・バケイション) | 大滝詠一 »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ