« OK COMPUTER(OK コンピューター) | レディオヘッド | トップページ | 虹伝説 - THE RAINBOW GOBLINS(ザ・レインボウ・ゴブリンス) | 高中正義 »

REVOLVER(リボルバー) | ザ・ビートルズ

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

REVOLVERジャケット今回ご紹介する名盤は1966年にリリースされた、ザ・ビートルズの「REVOLVER」です。

サイケデリックな印象のあるこのアルバムは、ザ・ビートルズの過渡期に制作されたアルバムであり、本作をリリースしてまもなく一切のコンサート活動を中止してしまうのであります。これは当時の技術では、ザ・ビートルズの楽曲をライブで演奏することが困難になってしまったことに起因すると思われますが、ライブよりレコーディングを優先する作品作りに傾倒していく様がこの作品の内容からも伺えます。

このアルバムの最大の特徴としてADT(Artificial Double Tracking - 同じ音源を別トラックに録音し微妙にずらして重ねる技術)を初めて導入したことに挙げられます。まずこの技術を導入したという点だけをとってみても、ロック史において非常に重要な作品であるといえます。その他テープを逆に再生させた音を取りいれるなど実験的な音作りが凝らされています。

ポール・マッカートニー作が7曲、ジョン・レノン作が5曲、ジョージ・ハリスン作3曲というライン・アップでポール・マッカートニー作7曲のうち、1曲をリンゴ・スターがリード・ヴォーカルを取っていることから考えると非常にバランスが取れていて、このころはまだポール・マッカートニーの強烈なリーダー・シップは発揮されいなかったのでは推測されます。また、オープニングもジョージ・ハリスン作の「TAXMAN」で後にも先にもジョージ・ハリスンの楽曲がオープニングを飾るのはザ・ビートルズではこのアルバムのみであります。

まずはオープニング「TAXMAN」。ジョージ・ハリスンがお金稼いでも税金でみんな持っていかれてしまうことから書いた曲です。リード・ギターのジョージ・ハリスンの曲ながら、なぜかポール・マッカートニーがギター・ソロを弾いており、しかもそのギター・ソロを「インド風で満足している」と評しているジョージ・ハリスンの人のよさまでにじみ出る名曲です。ザ・ジャムにこれに似た曲がありました。ジョージ・ハリスンはこのころよりインド音楽に傾倒しはじめ、その影響が4曲目「LOVE YOU TO」に表れています。ポール・マッカートニーの楽曲は「ELEANOR RIGBY」や「HERE, THERE AND EVERYWHERE」に代表されるように全体的にメロディ・メーカーとしての実力を発揮しています。ジョン・レノンの楽曲は、「I'M ONLY SLEEPING」や「TOMORROW NEVER KNOWS」などで音作りに凝ったサイケデリックな作品を披露してくれます。それぞれの個性が発揮されていますが、通称ホワイト・アルバム「The BEATLES」のような散漫な印象はありません。きっとこのころはメンバー間の仲はよろしかったのでしょう。アルバムというのはそんな雰囲気まで伝えてくれるから不思議です。

4作目となったザ・ビートルズのレビューですが、もう1作名作として名高い「RUBBER SOUL」のレビューもいずれやらせていただきたいと思います。

Amazonで「REVOLVER」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« OK COMPUTER(OK コンピューター) | レディオヘッド | トップページ | 虹伝説 - THE RAINBOW GOBLINS(ザ・レインボウ・ゴブリンス) | 高中正義 »

洋楽B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/55903484

この記事へのトラックバック一覧です: REVOLVER(リボルバー) | ザ・ビートルズ:

« OK COMPUTER(OK コンピューター) | レディオヘッド | トップページ | 虹伝説 - THE RAINBOW GOBLINS(ザ・レインボウ・ゴブリンス) | 高中正義 »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ