« VISITORS | 佐野元春 | トップページ | APPETITE FOR DESTRUCTION(アペタイト・フォー・ディストラクション) | ガンズ・アンド・ローゼズ »

JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂) | ジョン・レノン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)ジャケット今回ご紹介する名盤は1970年にリリースされた、ジョン・レノンの「JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)」です。

このアルバムはザ・ビートルズ解散後初めてリリースされたジョン・レノンのソロ・アルバムであります。この解散後初というのがこのアルバムを語るうえで非常に重要なファクターになってきます。一部政治的な内容の歌詞を持つ楽曲もありますが、大半がジョン・レノン本人のパーソナルな部分をさらけ出した内容となっております。「ジョンの魂」と名付けられたこの邦題も、珍しく的確なものであると思われます。

ザ・ビートルズは、メンバー間の不仲やアルバム「LET IT BE」に収録された「THE LONG AND WINDING ROAD」でプロデューサーのフィル・スペクターがポール・マッカートニーに断りなくオーヴァー・ダビングでオーケストラのパートを重ねてしまったことなど、様々な要因により解散してしまいました。その後、リリースされた本作に収録されている「GOD(神)」は「夢(多分ザ・ビートルズ)は終わった。これからは信じるのは自分だけ。もう僕はウォルラスではなく、ジョン・レノンなんだ。」とジョン・レノンの当時の心境が痛いほど伝わってくる作品となっています。

ジョン・レノンはザ・ビートルズでは半分近くの楽曲を手がけてので、この作品ももちろんザ・ビートルズ・ライクになっているのだろうと思うところですが、あまりザ・ビートルズの香りがしてきません。そこにあるのはジョン・レノン個人の世界であり、ザ・ビートルズの時代には感じさせなかった、ジョン・レノンの個人的心情や魂やらそういった中から湧き上がってくる叫びなどです。ポール・マッカートニーはライヴでザ・ビートルズ、ウィングス、ソロのナンバーを混在させて演奏していますが、もしジョン・レノンがソロのライヴで「IN MY LIFE」とか「NOWEARE MAN(ひとりぼっちのあいつ)」やらを演奏したら浮いてしまうんだろうなと、この作品は感じさせてくれます。(「COME TOGETHER」はソロのライヴで演奏していましたが…)

また、このアルバムを語るうえで欠かせないのが、レコーディング前に受けた「原初療法」という精神治療であります。この「原初療法」とははっきりいって私もよくわかりません。なんでも過去の記憶に遡ってすべてを吐き出すという、なんだか催眠療法に近いようなと勝手に想像してしまうのですが、その影響が「MOTHER(母)」「I FOUND OUT(悟り)」「GOD(神)」「MY MUMMY'S DEAD(母の死)」などに表れています。

この作品は聴きなじみのある曲が少なく、しかもどちらかというと悲壮感すら漂うスロー・テンポな楽曲が多くなんとも痛々しい感がありますが、人間ジョン・レノンを感じさせてくれる傑作であることは間違いありません。

Amazonで「JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂)」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« VISITORS | 佐野元春 | トップページ | APPETITE FOR DESTRUCTION(アペタイト・フォー・ディストラクション) | ガンズ・アンド・ローゼズ »

洋楽J」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/55968110

この記事へのトラックバック一覧です: JOHN LENNON/PLASTIC ONO BAND(ジョンの魂) | ジョン・レノン:

« VISITORS | 佐野元春 | トップページ | APPETITE FOR DESTRUCTION(アペタイト・フォー・ディストラクション) | ガンズ・アンド・ローゼズ »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ