« DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム) | クリーム | トップページ | Close To The Edge(危機) | イエス »

Aja(彩(エイジャ)) | スティーリー・ダン

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

Aja(彩(エイジャ))ジャケット今回ご紹介する名盤は1977年にリリースされた、スティーリー・ダンの「Aja(彩(エイジャ))」です。

スティーリー・ダンといえば、AORを基調としているイメージがありますが、ジャズ的な要素もふんだんに盛り込こまれていて、もはやインストゥルメンタルではないフュージョンといってもよいくらいのアンサンブルが特徴です。このアルバムも例外ではなく、ジャズ的なコード進行が頻繁に見られ、都会的な洗練されたアルバムに仕上がっています。

完璧主義の匂いをプンプンするアルバムでありますが、そのクオリティの高さを実現させている参加ミュージシャンが凄すぎます。ウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンの2人によるユニットになってしまったスティーリー・ダンですが、スタジオ・ミュージシャンとして、ラリー・カールトン、リー・リトナー、チャック・レイニー、ジョー・サンプル、スティーヴ・ガッド、バーナード・パーディ、ウェイン・ショーターらの錚々たるメンバーがバックを支えているのであります。バック・ヴォーカルにはマイケル・マクドナルドまで…。

この錚々たる参加ミュージシャン、ただ譜面もらって演奏するだけではなく、曲の作りこみにも協力しているらしく、その分スタジオ・ミュージシャンによる演奏の聴きどころも満載です。「Black Cow」ではトム・スコットのテナー・サックスのソロ、タイトル曲の「Aja(彩(エイジャ))」ではスティーヴ・ガッドのドラム・ワークとウェイン・ショーターのテナー・サックスのソロ、「Deacon Blues」ではラリー・カールトンとリー・リトナーが参加、たぶんラリー・カールトンと思われるギターが曲を通してソロ・ワークに近いバッキングなどを披露してくれます。これほどまでスタジオ・ミュージシャンが入れ替わりで活躍しながらもアルバムをうまくまとめあげるのはプロデューサーの手腕によるところなのでしょうか。

全体を通してアダルトな雰囲気なので、ロックやJPOPに興味のない彼女をお連れの方などはドライブや部屋飲み時のBGMにするとうってつけかもしれません。そして「サザンの「彩~Aja~」(あやと読みます)はこのアルバムのタイトルをモデルにしたらしいよ」などとうんちくをたれてみるのもよいかもしれません。

Amazonで「Aja(彩(エイジャ))」を見てみる。

ポチッとよろしく!

ニャン田(にゃんだ)ヒロシの迷言集

« DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム) | クリーム | トップページ | Close To The Edge(危機) | イエス »

洋楽S」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/55818373

この記事へのトラックバック一覧です: Aja(彩(エイジャ)) | スティーリー・ダン:

« DISRAELI GEARS(カラフル・クリーム) | クリーム | トップページ | Close To The Edge(危機) | イエス »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ