« MACHINE HEAD(マシン・ヘッド) | ディープ・パープル | トップページ | SETTING SONS(セッティング・サンズ) | ザ・ジャム »

THE STRANGER(ストレンジャー) | ビリー・ジョエル

THE STRANGER ジャケット今回ご紹介する名盤はアメリカを代表するソングライターの出世作「THE STRANGER」。メロディーメイカーとしてのビリー・ジョエルももちろんすごいのですが、なんと言ってもこの作品の成功には、プロデューサーのフィル・ラモーンは欠かせません。それまでそれこそまさにピアノマンと呼ぶにふさわしいどちらかというとピアノ弾き語りフォークシンガーに近いイメージだったビリー・ジョエルのサウンドを、ニューヨークを舞台とするバンド色の強い都会的なそれに一変、グラミー賞でも「JUST THE WAY YOU ARE(素顔のままで)」で「Record of the Year for producing」なる賞を獲得していますのです。

日本では「THE STRANGER」が大ヒットしましたが、こちら母国アメリカではシングルカットをされておらず、このアルバムの定番といえば「JUST THE WAY YOU ARE(素顔のままで)」「MOVIN' OUT(ANTHONY'S SONG)」などが定番のようです。

ビリー・ジョエルはなんだか1990年代にとっとと引退を示唆し、早くに創作活動をやめてしまったのですが、ライヴ活動は続けているみたいで、そのライブなんかを見ても、このアルバムからの選曲が大変多く、本人もお気に入りの一枚だったのではないかと推測されます。

発売から30年以上経つのですが、かの名曲「JUST THE WAY YOU ARE(素顔のままで)」は今でもCMなどに使われたりしているようなのできっと最近の方でも耳にしたことがあるんではないかと思います。

アメリカやイギリスではプロデューサーの役割は本当に大きく、そのアルバム出来不出来を大きく左右します。日本では名プロデューサーというと自分が作った曲をヴォーカリストに歌わせ、ヒットした日には自分は天才だと勘違いし、そこで得た印税で事業を広げ失敗したあげく、詐欺で逮捕されてしまう人のことなどをこう呼ぶそうです。でも小林武史は違うな。

Amazonで「THE STRANGER」を見てみる。

ポチッとよろしく!

« MACHINE HEAD(マシン・ヘッド) | ディープ・パープル | トップページ | SETTING SONS(セッティング・サンズ) | ザ・ジャム »

洋楽B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164322/51634293

この記事へのトラックバック一覧です: THE STRANGER(ストレンジャー) | ビリー・ジョエル:

« MACHINE HEAD(マシン・ヘッド) | ディープ・パープル | トップページ | SETTING SONS(セッティング・サンズ) | ザ・ジャム »

Google

TOWER RECORDS

レコチョク

メールフォーム

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ